セフレサイトからセフレアプリへ

セフレを作ろうと思ったらセフレサイトが定番でした。
しかし時代は変化し、セフレサイトからセフレアプリを利用する人が増えつつあります。
セフレアプリと言っても有料のアプリだけではなく、無料のアプリも存在します。
そして機能面で言えば、やはりサイトよりもアプリの方が機能が充実していると言えるでしょう。
そのためセフレを作りやすくなったと言えます。
もっともセフレを作りやすくなったのは、環境が整っただけではありません。
人々の気持ちにも大きく変化が生じているからです。
最近はセフレだけでなく、キスフレやソフレという関係まで誕生しています。
セフレがセックスをする関係なのは説明するまでもありませんが、それぞれキスをする関係、添い寝をする関係なのです。
そんなので満足するの?と思う男性は多いですよね。
しかし最近の若者は恋愛をするのが面倒から、さらにセックスがするのが面倒になりつつあるのです。
性欲の減退も理由の1つではありますが、それ以上にリスクオフの考え方もあると言えるでしょう。
ただし、キスフレやソフレを募集した上で、それ以上の関係を求めて無理強いする行為は絶対にしてはいけません。

恋人がいる女性の方がセフレ向き

面倒な事が嫌いでセフレを作るという場合に、恋人がいたり既婚者を選ぶとのちのち面倒な展開になったら困る。
そんな理由でフリーの女性を選ぶ人もいるかもしれません。
ですがその行為は逆に自分の首をしめる結果になるかもしれません。
なぜならパートナーがいる女性が求めるものは、単純にセックスのみです。
身体の相性はイマイチだけど、恋人の事が好きで別れるつもりはない。
誠実で経済観念もしっかりした人なので、結婚相手としては最適、そんなふうに思っているとしましょう。
そうすれば、間違ってもセフレに対して恋愛感情を持ったり、結婚願望を持つ事はないはずです。
もちろん最初は恋人と別れたばかりで当分恋愛なんてしたくない、そんな気持ちでやれるアプリを利用していたとしても、人の心は移り変わるものです。
セフレとセックスをして、抱きしめられると大切にされているように錯覚を起こしてしまう事もあるかもしれません。
また一定期間が経過し、そろそろ恋愛をしたい、出産の事を考えたらそろそろ結婚相手も探さないと、そんなふうに女性の気持ちが変化した際に、セフレとして一番身近にいる男性に該当してしまう可能性があります。
そのためセフレから恋人への昇格を望んだり、結婚相手としてアプローチをしてきたら面倒以外の何物でもありません。
元々セフレである事は公言する関係ではなく2人だけの秘密の関係です。
そう考えた時に、パートナーのいる女性の方が安全圏の女性だと言えるのではないでしょうか?