セフレを作る女性が増えたといってもそう多くはない

セフレを作る女性が増えてきたと言われています。
しかしそれはあくまでも昔と比較した場合の話です。
そもそも昔は女性は淑女が求められた時代で、結婚し初夜でバージンを失う事が一般的だった時代です。
そんな時と比べたら、女性も性に奔放になったと言えるのかもしれません。
ですが男性は恋愛感情と性欲は全く別物です。
そのため好きな相手ではなくてもセックスをする事は可能です。
しかし女性の場合は、好きな男性としかセックスをしたくない。
そんな貞操観念を持つ女性もまだまだ少なくないはずです。
つまりその結果何が生じるかというと、やれるアプリでは極端な男女比になってしまいます。
女性が少なく男性が多いので、女性は簡単に好みのタイプのセフレを作る事が出来ます。
また男性からちやほやされて楽しい、モテる気分を味わう事が出来ると思っている女性もいるかもしれません。
対して男性は女性がとにかく少ないので、少ない女性を大勢の男性で奪い合わないといけない。
たくさんの中から自分を選んでもらうためにはどうしたらいいのか考える必要があり、選んでもらうためには根気も時間も必要となってしまいます。

また会いたいと思ってもらえるために

やれるアプリで知り合ったセフレとは1回限りの関係で終わる事も珍しい事ではありません。
ですが、1回だけのセックスのために、セフレを作るのでは、セフレを作る労力が大きすぎると言えます。
やれるアプリを利用すれば簡単にセフレが作れるという訳ではありません。
出会いのチャンス自体はたくさんありますが、なかなか選んでもらえずに根気よく探してようやく作る事が可能なのです。
そのため、少なくとも苦労して作ったセフレですから何回はセックスしたいと思うのではないでしょうか。
では、どうすればまた会いたいとセフレに思ってもらえるのかと言えば、それはあなたの対応次第です。
会話が楽しくてリラックス出来た、セックスで丁寧に愛撫に時間をかけてくれた。
セックスの後に美味しい食事を奢ってくれたなどなど、理由はいろいろありますが、好感を持ってもらう事に成功すれば、また会ってもらえる可能性が高くなります。
そのためセフレとは1回限りの関係で終わらせない事、そのために努力する事が必要だと言えるでしょう。
ですが、あまりに身体の相性が悪かったり、期待はずれのセフレが来た時には、1回限りで終わらせて次のセフレを探した方がいいと言えるでしょう。いくらセフレが恋人と付き合う場合と比べて交際費がかからない、かける時間や面倒が少ないといったところで、ホテル代はかかりますし、連絡をしてホテルへ行く手間もかかります。
それだけの価値があると判断した場合にのみ、2回目以降がある訳です。

セフレにも優しく接する事が必要

例えば営業の仕事などをしていると、仕事で笑顔でたくさん話すため、その反動でプライベートは不愛想で無口なんて人もいるかもしれません。そして営業はストレスも溜まる仕事です。
そんなストレス発散と欲求不満の解消を求めて、やれるアプリでセフレを作る。
それ自体は悪い事ではありません。
しかし相手の女性に対してちゃんと優しく接する事が出来ていますか?
ほとんど会話もないままホテルへ行って、乱暴に自分本位のセックスをし、ホテル代は支払って女性がシャワーを浴びている間に部屋から出てしまう。
もしこれがデリヘル嬢が相手であれば、お金を払っている客という立場でギリギリ許される行動かもしれません。
ですが対等な関係のセフレに対してこの行動は失礼すぎると言えるでしょう。
仕事で嫌な事があっても、それを八つ当たりしていい存在ではありません。
家族や恋人であれば、虫の居所が悪い日もあるよねと許してくれるかもしれません。
ですがセフレとは割り切った関係であるわけです。
そのため、八つ当たりとはこの人ならば許してくれるだろうという甘えの一種ですから、セフレに対す対応としては間違いだと言えるわけです。
セフレには都合のいい関係になってくれる有難い存在です。
そのため感謝の気持ちを込めてもっと優しく接するべきだと言えるでしょう。
それにあなたが優しくすれば、相手もあなたに優しくしてくれます。
そうすれば、あなた自身も仕事で嫌な事があっても、セフレの優しさに癒されるはずです。